20190331『神の御住まいとして歩む教会』エペソ 2:19〜22 

「あなたがたも、このキリストにあって、ともに築き上げられ、御霊によって神の御住まいとなるのです。」     (エペソ2:22)

エペソ書の読者は、1:3?14の壮大な賛美に心を合わせ、三位一体の神のみわざを覚えて、感謝と賛美へと導かれる。さらに1章後半から2章末まで、福音の豊かさを教えられる。その結びの箇所を、今朝は、「聖霊は」を主語に、1. 教会を産み出し、2. 教会を結び合わせ、3. 教会を建て上げる、という三つの角度から考える:

1. 聖霊に助けられて罪を知り、真理を知り、イエスを主と告白した者たちが新生の恵みにあずかり、教会となる。
2. 多様な人々が一つのからだとして結び合わされるのも聖霊の恵みであり、教会や教派、民族や国家の壁を越えさせ、和解させ、結び合わせるのも聖霊のみわざである。 3. そうして、神ご自身が教会のうちに住まい、教会を建て上げてくださるのだ。
私たちは、これらの神の豊かな恵みをどこまで享受し、どのように体現しているだろうか。1. 2. 3. と一つ一つ自らを顧みてみよう。祈りと願いを新たにして、いっそう恵みにあふれる歩みへと引き上げられたい。

(メッセージ:聖書宣教会校長・赤坂泉先生)

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中