20190630『神の御心を求める』列王22:1-14

「ヨシャファテは、『ここには、われわれがみこころを求めることのできる主の預言者が、ほかにいないのですか』と言った。」
    (列王22:7)
私たちは、人生の中で重要な選択を余儀なくされる。その時に「神の御心」がどこにあるのかを正しく知りたいと願う。
南ユダの王ヨシャファテは、北イスラエルの王アハブを訪ねる。それはアラムとの間に戦いがなかったからでもあろう。しかしアハブは、この時アラムとの境にあるラモテ・ギルアデの地をアラムから回復するための戦いをヨシャファテに提案する。善王とも言われるヨシャファテはまず主のことばを伺いたいと申し出てアハブはそれに応じる。アハブとて神の御心を求めていたのだ。しかしそれは400人の預言者集団の忖度をベースとしていた。アハブの願うことを神の御心として語っていた預言者だったのだ。彼らの余りにも一致した賛成のことばに、ヨシャファテは「御心」を求めることのできる預言者をとアハブに求めたのだ。
ここでアハブは預言者ミカヤの存在を明らかにする。アハブも分かっていたのだ。真に神の御心を求めることができる預言者の存在を。しかし自分の意見に逆らう預言者の言葉を退け続けたのだ。私たちも自分の願いにかなった答えが期待できる方に相談する誘惑がある。しかし、それは主の御心を求めることではない。ミカヤは一度アハブの心に沿う預言をあえてする。しかし、それは皮肉であった。その後のミカヤの預言は成就する。 私たちは、真に主の御心に従う心があるだろうか。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中