20190728『時が満ち、神の国が近づいた』マルコ 1:14-15

「時が満ち、神の国が近づいた。
悔い改めて福音を信じなさい。」     (マルコ1:15)

私は日本に来る前に、北朝鮮の核の問題やミサイルのことでとても不安を感じたことがあります。軍隊経験者である私はそれらの恐ろしさをよく知っているからです。日本に来た後は、自然災害の恐れから不安を覚えたりします。世界、どの国においても色んな問題と不安がありますね。平和、平安がある正しい国は存在しないのか。と考えさせられます。そんな中で、私は2年前に母を癌で亡くしました。このことは、人生について深く考えさせられる機会となりました。なぜ、人間は死ぬしか出来ないのか。死に対する恐れ。恐れがない国はないのか。これらに対して、聖書はちゃんと答えています。「時が満ち、神の国が近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。」
聖書は罪に満ちて不安だらけのこの世界に、神の国が近づいたと述べています。平安があり、正義がある国。永遠のいのちがある国。それが神のみ国であります。誰でも、どんな罪人でも、悔い改め、福音を信じるならば、入ることができます。罪に満ちた世界に、救い主イエス様が治めるみ国が近づきました。真の神に立ち返え、福音を信じ、王なるイエス様に従いましょう。そこには平和、平安、正しさ、永遠のいのちがあります。罪の赦しがあります。そこには真の喜びがあります。

(メッセージ:金神学生)

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中