月別アーカイブ: 8月 2019

20190825『神の裁きと憐み』列王記1:1-4,13-16

エリヤは立って、彼と一緒に王のところに下って行き、王に言った。「主はこう言われる。『あなたが使者たちをエクロンの神、バアル・ゼブブに伺いを立てに遣わしたのは、イスラエルにみことばを伺う神がいないためか。それゆえ、あなたは上ったその寝台から降りることはない。あなたは必ず死ぬ。』」                         (列王1:15,16)
アハズヤとは、「主が握られる」との意味を持つ、北イスラエル8代目の王である。彼になぜこのような名がつけられたのか明確にはわからないが、彼の人生の主権は、神の御手にあった。
父アハブが死に、モアブ人が背いたが、アハズヤには何もできなかった。彼はサマリヤの王宮で欄干から落ちた時、ペリシテ人の町エクロンの神バアル・ゼブブに使者を遣わして病気が直るかどうかうかがいを立てさせた(列1:2)。その使者は途中で預言者エリヤに出会い、神のさばきで王が死ぬことを宣告されたのだ。アハズヤ王はそれを受け止められず、エリヤを捕えようと50人から成る軍隊を二度派遣したが、失敗してしまう。三度目の隊長はエリヤの前にひざまずき、懇願する。そしてエリヤは王の前に立つことになる。それは神の憐みのひとつであるといえよう。神の人エリヤを通して、神のことばを聞く。それはアハズヤの人生ばかりではなく、イスラエルの民全体が、いや全ての人が主権者なる神によって握りしめられている事への傾聴を促すことでもあったろう。私達もまた神の前に立つ。しかし救い主が私たちの傍らに立っていて下さる恵みと憐みとを深く覚えたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20190818『とりなし手として神と人に仕える』ローマ15:14-17

「私は、神が与えてくださった恵みのゆえに、異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者となったからです。私は神の福音をもって、祭司の務めを果たしています。それは異邦人が、聖霊によって聖なるものとされた、神に喜ばれるささげ物となるためです。」                    (ローマ15:15,16)
パウロは、ローマ書を記す時にはまだローマを訪れたことがなかった。当時の中心都市であったローマには、各地で主に導かれ救われた人々が集まって来ていた。そこには多くの異邦人もユダヤ人も共存し共生する主の教会が誕生していた。その為にパウロはこのローマ書を記し、最初に教理的な重要なことを整理して記し、後半では信仰の歩みについて具体的な勧めを記してきたのだ。最後の締めくくりの時を迎え、パウロは自らの使命を再掲する。それは「異邦人のための器」として、神と人に仕え、異邦人もまた、神に喜ばれる聖なるささげ物となる事であった。パウロは、そして聖書は、私達キリスト者が皆、成長し、神に喜ばれる存在、地上に生かされると共に聖なる神の物として、また共に神と人に仕える存在として成長するようにとチャレンジする。それは使命を共有することであり、互いに仕え愛し合うことであった。それはまた他者のためにとりなし祈る使命でもある。私達は誰のために祈り続けているだろうか。主は決して私達を諦めない。私達も互いに仕え、愛し赦し祈り合う者とされたい

1件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

20190811『神の民として生きる』ペテロ2:9-12

「あなたがたは旅人、寄留者なのですから、… 異邦人の中にあって立派にふるまいなさい。そうすれば、彼らがあなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたの立派な行いを目にして、神の訪れの日に神をあがめるようになります。」  (第1ペテロ2:11-12)
ペテロは、色んな国に散らされていた神の選ばれた人たち(特にユダヤ人でない人々)へ、この手紙を書き送った。彼らは、神の栄誉を告げ知らせるために、神によって召されていた人々だった。神のものとされた彼らは、周りの人たちと違う生き方をするように召されていた。神の民として、神に喜ばれた生活を送るように勧められていた。地上の国籍を超えた神との関係を優先にして、キリストに従うように歩む人となっていた。   この手紙の中で、三つのことが繰り返して強調されている:
1 善い行いをして、神をあがめる生活をすること。
2 そうすると、苦しみや迫害を受けるかもしれない。そうしたら、幸いなことだ。
3 他の人を恐れず、神を恐れて、神のために生きること。
神の大きな憐れみによって、私たちは、神の驚くべき光の中に召されている。私たちの立場に反対する社会の中にあっても、神の助けをいただきながら、キリストに従う生き方をして神の栄光を表して行こう。

メッセージ:リーズナー宣教師

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20190804『不当な苦しみを神に任せる』ペテロ 2:18-25

「キリストも、あなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残された。キリストは苦しめられても、脅すことをせず、正しくさばかれる方にお任せになった。」 (第1ペテロ2:21b, 23b)

信仰者は何のために召されているだろうか?良いことをして反対を受けたら、それを耐え忍ぶためにだ。(2:20)まさにそのことをされたキリストは、私たちに模範を残された。(2:21)私たちは、その足跡に従うようにと召されている。
どうやってそれができるだろうか? 秘訣は23節にある。「キリストは、ののしられても、ののしり返さず、苦しめられたも、脅すことをせず、正しくさばかれる方にお任せになった。」
神は、愛の神であり、正義の神でもある。神は、ご計画の中で決められているときにすべてを正しくさばかれる。聖書の中で、「誰に対しても悪に悪を返すな」と何度も教えられている。「復讐はわたしのもの。わたしが報復する。」と主は言われる。
自分を傷つけた人がいるだろうか? その人をどうしても赦せないと思っている? 罪びとであるあなたのために十字架に掛けられたキリストのこと覚えよう。キリストと同様に、自分に起こる不当なことすべてを正しくさばかれる神に任せよう。

メッセージ:リーズナー宣教師

コメントする

カテゴリー: Uncategorized