20190818『とりなし手として神と人に仕える』ローマ15:14-17

「私は、神が与えてくださった恵みのゆえに、異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者となったからです。私は神の福音をもって、祭司の務めを果たしています。それは異邦人が、聖霊によって聖なるものとされた、神に喜ばれるささげ物となるためです。」                    (ローマ15:15,16)
パウロは、ローマ書を記す時にはまだローマを訪れたことがなかった。当時の中心都市であったローマには、各地で主に導かれ救われた人々が集まって来ていた。そこには多くの異邦人もユダヤ人も共存し共生する主の教会が誕生していた。その為にパウロはこのローマ書を記し、最初に教理的な重要なことを整理して記し、後半では信仰の歩みについて具体的な勧めを記してきたのだ。最後の締めくくりの時を迎え、パウロは自らの使命を再掲する。それは「異邦人のための器」として、神と人に仕え、異邦人もまた、神に喜ばれる聖なるささげ物となる事であった。パウロは、そして聖書は、私達キリスト者が皆、成長し、神に喜ばれる存在、地上に生かされると共に聖なる神の物として、また共に神と人に仕える存在として成長するようにとチャレンジする。それは使命を共有することであり、互いに仕え愛し合うことであった。それはまた他者のためにとりなし祈る使命でもある。私達は誰のために祈り続けているだろうか。主は決して私達を諦めない。私達も互いに仕え、愛し赦し祈り合う者とされたい

1件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

20190818『とりなし手として神と人に仕える』ローマ15:14-17」への1件のフィードバック

  1. 石橋秀則

    パウロは様々な書簡を書いていますが、それらをまとめた根幹的な教理としてローマ書がある思います。そういう意味で、わたしたちキリスト者には欠かせない書簡です。この教理を理解しつつ、ユダヤ人もわたしたち異邦人も、共に神に奉げられるきよい物になることが、神の栄光につながるのだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中