20190922『福音宣教の使命』ローマ15:18-29

「キリストの名がまだ語られていない場所に福音を宣べ伝えることを、私は切に求めているのです」        (ローマ15:20)
先週、日本福音自由教会の70周年記念大会が、恵みのうちに終わった。全国65の教会から750名以上が集った大会は、祝福とチャレンジに満ちていた。今までの歩みを感謝すると共に、私たちが受けた福音の恵みを分かち合う宣教へのチャレンジと使命を確認できたことは豊かな、そして大きな意味があった。
福音宣教のルーツは、パウロにあるといって良いだろう。かつて迫害者だったパウロが、復活の主と出会い、主の恵みと愛を世界に伝える器とされた。彼の賜物が豊かに用いられ、異邦人へと向かっていく。当時の世界の中心であったローマへの思いは熱かった。旅の途次、ローマを訪問し、ローマ教会の兄弟たちの祈りと支えとを得て、イスパニヤに行きたいと願っている旨を書き送る。ただ、ローマ訪問の前に、パウロの伝道によって建てられたマケドニヤとアカヤの教会がエルサレムの聖徒たちの中の貧しい人たちのためにした献金を携えてエルサレムに行く旨を告げる。この献金は「神の恵み」であり、彼らは喜んでそれをしたのだが、同時にユダヤ人から霊的なものを与えられた異邦人が、物質的な物をもって彼らに奉仕することは恵みの特権であるとパウロは言う。そして、この献金をパウロ自身がエルサレムの教会に届けた後、ローマ教会を訪問した上で、イスパニヤに宣教に行く計画であると伝えた。パウロの視点は大きく豊かである。私達はどのようなビジョンに生かされているだろうか。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中