20191201『神の御心を行う者』マタイの福音書 12章 38-50節

イエスは弟子たちの方に手を伸ばして言われた。「見なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。だれでも天におられるわたしの父のみこころを行うなら、その人こそわたしの兄弟、姉妹、母なのです。」           (マタイ12:49,50)
 私たちは、どこかで奇跡を求める。自分の思いや願いを叶えてくれる存在を切望する時もある。律法学者達は、主イエスの愛の奇跡の業を見聞きしつつも、さらに奇跡を求めた。
 しかし彼らに与えられるのは、預言者ヨナのしるしとして示されたイエスの復活である。ヨナの説教でニネベの人々は悔い改めたが、ヨナよりもまさった主を見ても彼らは悔い改めない。また主イエスはソロモンよりもまさった者であるのに、彼らは真の知恵を求めようとしない。さらに主は、中途半端な悔い改めと共に霊的依存の危険性を示す。この時代は主イエスの愛の働きによって掃除されたが、主を心に迎え入れていない場合、以前より悪い霊の支配を受けることになることがある。
 私たちが、何を求めているのか、その心の中心にあるものを見極めて行く必要がある。主は霊的なつながりの重要さを、家族の視点で示された。「だれでも天におられるわたしの父のみこころを行うなら、その人こそわたしの兄弟、姉妹、母なのです。」と語られる主の眼差しは優しい。私たちは主の家族として招かれている。神の喜ばれること、神の御心を行なうことには主の祝福がある。主の祝福を受け継ぐ者として歩みたい

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中