20200112『神の国の豊かさと成長』マタイの福音書 13章24-35節

「天の御国はからし種に似ています。人はそれを取って畑に蒔きます。どんな種よりも小さいのですが、生長すると、どの野菜よりも大きくなって木となり、空の鳥が来て、その枝に巣を作るようになります。」 <マタイ13:31-32>
 「神の国」の希望に生かされることは、私たちの信仰の生活にとってとても重要である。主の御業は、小さな弱い存在をとしてなされ、それは豊かに生長し、大きな影響を与えていく存在となっていく、そこに主の民と神の家族である教会の祝福があるからだ。選ばれた12弟子も、小さな弱い存在だったにもかかわらず、彼らを通して世界へと宣教の業が進められ、世界に大きな力をも与える存在となり、現在に至っていることは驚きでしかない。人の歩みであるとともに、何よりも主の業であることに心をとめたい。その一員として私達もまた召され、加えられ、その恵みと特権を与えられている。
 そして、教会には様々な人々が集まり、課題も少なくない。それは私たちの課題は、外側からの問題よりも内側に問題があることと無関係ではない。教会の問題は、人間の問題であり、その問題を通して主の教会は問われ、悩み、痛み、そして祈りに向かう。一人一人が問われること自体が、主の教会の祝福となる。そしてそれは「神の国」全体の祝福となる視点を与えられたい。世界大の視点を与えられて私たちは今を生かされることができる。主は私たちにどのようなチャレンジを与えて下さっているのであろうか。主の恵みと力に期待しよう。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中