20200119『いのちを支配される神』第二列王記 4章18-37節

「彼女は入って来て彼の足もとにひれ伏し、地にひれ伏した。そして、子どもを抱き上げて出て行った。」
<列王4:37>
 預言者エリヤの賜物と使命を受け取り、北王国イスラエルで神の人として歩むエリシャは、多くの地で様々な神の業を行う。それらは、神の臨在と栄光を表すものだった。
 当時のユダヤ社会の中には歴然とした貧富の差があった。裕福な女性は、エリシャを神からの人として認め、彼を心からもてなす神を怖れる人であった。しかし彼女には、子どもが与えられないという痛みがあった。それを知ったエリシャは、神の導きによって男の子が与えられるという祝福を約束し、その通りになった。どれほどの喜びが彼女にも夫にもあっただろうか。主は、私たちの心の内にある祈りをご存じである。
 しかし、その子がいのちの危険をとおり、ついにはそのいのちを失ってしまった。祝福の後の悲しみは、より深い痛みを与えることがある。女性は、その事情を誰にも伝えようとしない。夫にもそしてエリシャにも秘めたまま、神への祈りの歩みを行動に移す。それは何故だろうか。人間的なものに寄り頼まずに神ご自身からの答えと癒しを求める、彼女の信仰の現れだったのだろうか。しもべゲハジを通しての奇跡は行われず、エリシャ自身の業を彼女は待ち望む。主は、彼女の信頼に応え、息子に再びいのちを与えられた。いのちを支配され、全てを時にかなって導かれる主になお信頼し、従いたい。 

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中