20200322『イエスの権威そして弟子』マルコの福音書11章1〜33節

序 御教えを表したり、御業を表す「権威」という言葉
本論
1. 再び宮の中を歩いておられるイエス様と宗教指導者たち(27節)。
1.1. 論争の原因は「神殿きよめの事件」。私たちがイエスの権威を認めない原因は?
1.2. イエス様の権威あるみ教えを目撃した弟子のように。
1.3. 権力の緊張感の中にいた宗教指導者たちは、目の前にいる神に気づかなかった。
2. イエスの権威を巡る論争
2.1.イエスの権威を認めない人たちの「詰問」と「これらのこと」。私たちは神様にどんな「詰問」を投げているのか(28節)。 2.2. イエス様の答え。「ヨハネのバプテスマは人からなのか」(29-30節)。
2.2.1. ラビたちの議論の方法を用いた見事な答え(30節)。
2.2.2. 悔い改める必要があると思わない彼らの答え(31-32節)。
3.神を恐れず、他のものを恐れているゆえに、ジレンマに陥る(32節)。
結論
何を恐れているのか。もし、私たちひとり一人が、ただ神様だけを恐れ、イエスキリストの権威をしっかりと認めるのであれば、どんな変化が現れるだろうか。あなたは、イエス様の弟子なのか。弟子であるならば、まことの主権者を恐れ、主の権威を認めて、イエス様に信じ従うべきである。主は全てをご存知である。 (メッセージ:金神学生)

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20200315『栄えに満ちた喜び』ペテロ第一の手紙1章1〜12節

「あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、今見てはいないけれども信じており、ことばに尽くせない、栄えに満ちた喜びに躍っています。」 (ペテロ1:8)
私たちも様々な問題を抱えつつ歩んでいますが、初代教会が抱えていた問題はより深刻で迫害を伴うものでした。ローマの大火によって始まる、皇帝ネロの迫害が強まる中、キリスト者はその只中にあって各地に散らされつつも、共に集まり、神を賛美し、礼拝し、聖書から教えられ続けたのです。
そして、ローマにあったペテロは、自らにも危険が及ぶ中にあって、キリスト者と教会に、励ましと慰めの手紙を書き送り、それは回覧されたようです。苦難の中にある教会を励ますのは、主にある交わりであり、みことばでした。ペテロは主の教会が何に目ととめ、どこに希望を置くのかを二つの手紙を通して、書き送ったのです。それは「救い」の豊かさの確認でした。三位一体なる神による「選びの豊かさ」「生ける望み」「永遠の資産」「救いの喜び」「何よりも価値のある信仰」へと彼らの心を向けたのです。そして苦難の中を通る教会の人々に、信仰の結果である「たましいの救い」がどれほど豊かな喜びをもたらすか、それは「栄えに満ちた」すなわち栄光に輝く喜びなのです。私達もまた、この喜びに生かされることができます。そこにこそ、どんな苦難もしばらくの間の「様々な苦難」なのであって、永遠の栄光を見上げる時、その中にあっても、私たちは主にある喜びにあふれ、輝くことができるというのです。私たちもこの喜びに生かされて歩みを進めて参りましょう

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20200308『5つのパンと2匹の魚』マタイの福音書14章13〜23節

弟子たちは言った。「ここには五つのパンと二匹の魚しかありません。」するとイエスは「それを、ここに持って来なさい」と言われた。                    (マタイ14:17,18)
 私たちは様々な問題や痛みを抱える。この地上の生涯にあってはそれが無くなることはないだろう。しかし、それらを通して私たちは成長していくことも忘れてはならない。そこに主の招きと導き、そしてチャレンジがあることを深く覚えたい。
 父なる神の前に一人静まることを必要とされた主イエスは、弟子たちをもそこに招き、ガリラヤ湖の向こう岸へと向かった。しかし、それを見ていた群衆は先回りして待っていたのだ。そこには人々の霊的な渇きと痛み、病の現実があったのだ。その全てを主イエスは受け入れ、そして人々の必要に答えられた。その癒しの現場を弟子たちも見ていたであろう。しかし夕方になり、各自食事ができるようにと人々の解散を願うが、主は、「あなたがたがあの人たちに食べる物をあげなさい。」とチャレンジした。人々を解散させて休みたかった弟子もいたであろうし、男性だけで五千人、女性や子供を加えると一万人を優に超える状況で、彼らは手元にある少年の小さなお弁当ではどうすることもできないと呟いたのだ。しかし主はそれを主の手に持ってくるようにと招かれた。目の前にあるどんな大きな問題も、私たちが持てる最善のものを主に委ねるとき、主はそれを祝福し、人々への愛の必要のために豊かに用いて下さるのだ。主は私たちをも招かれている。自らをも主に委ね、それぞれを主に用いていただこう。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20200301『バプテスマのヨハネの死』マタイの福音書14章1〜14節

「それから、ヨハネの弟子たちがやって来て遺体を引き取り、葬った。そして、イエスのところに行って報告した。それを聞くと、イエスは舟でそこを去り、自分だけで寂しいところに行かれた。群衆はそれを聞き、町々から歩いてイエスの後を追った」 (マタイ14:12,13)
新型コロナウィルスの影響が、世界に広がり影響が各地に出ている。罹患者や医療従事者たちの為に祈らされるとともに、改めて主の教会、そして主への礼拝の大切さを想わされる。どのように共に主に向かうのかスタイルは違っても、どう私たちが自らをささげ、主に従っていくのかが問われる。
バプテスマのヨハネは、主の前に正しいことを行い、それゆえに投獄された。罪を指摘されたヘロデ・アンティパスの焦りもそこに表されているであろう。そしてさらには、彼の安直な判断と提案、そして彼自身の面子を守るために、今度はバプテスマのヨハネの大切ないのちが取り去られることになる。幼いころから共に育ち、「見よ、罪を取り除く神の子羊」と主イエスを指し示したヨハネの悲しみを主は深く痛まれたことだろう。
私たちの主は、人々の悲しみに寄り添い、涙を流し、深い憐みと慰めを私達にも与えて下さるお方であることを感謝したい。そしてそのことを聞かれた主は、かつて彼の弟子であった者たちの事をも覚えて、彼らと共に湖の反対側へと向かわれる。その中心は父なる神の前に静まるためだったのだろうか。
私たちもまた、様々な状況の中で悲しみや痛みを深めることがある。しかし、主ご自身がその全てを理解し寄り添って下さるとともに、私たちをも静まりに招かれていることを覚えたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20200223『ナアマン将軍の癒し』第二列王記 5章1-19節

「そこで、ナアマンは下って行き、神の人が言ったとおりに、ヨルダン川に七回身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。」 (列王5:14)
 私たちには様々なチャレンジがある。前13世紀にヒッタイト王国が没落し、それに代ってアラムが勢力を増大した。ダマスコに代表されるアラムは大きな力を持っていたが、その将軍ナアマンは神を畏れる人であった。ツァラアトの病を抱えていたが、アラムの王に尊重される存在であった。
 彼の妻に仕えていた一人のユダヤ人の女性が、病の彼を神の人エリシャの元へと導く。信仰者の証の影響は小さくない。そしてナアマンは多くの贈り物を携えて出発した。しかし、抱いていたイメージとは全く違うことを行うようにとエリシャのしもべから伝言を受けたナアマンは怒りを隠せない。そこに彼やアラムのプライドの問題があったであろう。私達もまた、同様の問題を抱えやすいことを自覚したい。
 主に信頼するその若い女性に促されて、ナアマンは示されたヨルダン川に7度自分の身体を浸した。何によっても癒されることのなかった彼の驚きは大きく、彼は主を礼拝する者として自分を位置づける。異教の神に身をかがめてしまう時がある事へのエリシャの配慮は、慰めに満ちていた。
 しかし神に栄光を帰し、彼からの贈り物を受け取らなかったエリシャだったが、そのしもべゲハジの軽率で計算高い行為は、私たちへの警告でもあろう。私たちはどこに価値を置き、どのように主に従うだろうか。主は全てをご存知である。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20200209『天の御国の弟子』マタイの福音書 13章 51-58節

「こういうわけで、天の御国の弟子となった学者はみな、自分の倉から新しい物と古い物を取り出す、一家の主人のようです。」                         (マタイ13:52)
私たちは皆、弱い存在である。しかし、主はその弱さのすべてをご存知でなお私たちを憐れみ、愛し、そして選び、祝福の器としてくださる。その霊的祝福の素晴らしさを私たちは心に留め続けていたい。
主の弟子たちは、「神の国」のたとえを主イエスから聴く中で、あらゆる恵みと祝福へと招かれた。それはどれほどの犠牲を払っても手に入れたい祝福であり、永遠の栄光を約束されている恵みの祝福だった。しかし、そこには厳しい現実もあった。悪しき者の存在と誘惑、神の裁きの現実もあったからだ。しかし最後に主は、彼らに主の弟子たちはたとえを通し神の国について悟るだけではなく、自分の倉に蓄えた神の国についての新しい理解と、それによって解釈し直された古い物をも自由に取り出すことが出来るようになるという特権さえ与えられていることを語られた。それは主が与えられた恵みの祝福の豊かさをも表すとともに、それを周りの人々にも分かち合うことのできる使命の確認でもあった。
また主の弟子とは、主ご自身を真に知り続ける特権にも預かっている。神の御子である方が、受肉され私たちと共に歩み続けて下さっているのに、私達はそれを人間的に解釈し、自分の理解の中に留めてしまうことさえある。私たちに与えられ委ねられている特権は大きく、豊かである。その使命に生かされつつ、聴く耳を持ち、主の豊かな愛を周りの方々に届けていきたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

20200216『主の教会の恵み』エペソ人への手紙 1章 13-23節

「神はすべてのものをキリストの足の下に従わせ、キリストを、すべてのものの上に立つかしらとして教会に与えられました。
教会はキリストのからだであり、すべてのものをすべてのもので満たす方が満ちておられるところです。」
(エペソ1:22-23)
エペソ書は、パウロがローマの獄中において、初代教会の様々な課題を覚えつつ、回覧されることを前提に記した大切な書です。そこには「教会」が何であるのか、また何でないのか、そしてどれほどの祝福に満ちたものか、それゆえ何に警戒する必要があるのか…と、一つひとつの教会、そして一人ひとりを思い浮かべながら書き送った書だと思われます。
私たちは、様々な問題が起こると、その問題にのみ注視してしまうことがあります。そして大切な人との交わりに亀裂が入り、時には分裂に至ります。確かに重要な点でどうしても譲ることのできない真理や誠実さに関わることもありますが、どのような問題の中にあっても、私たちは心の目、そして霊の目が開かれる必要があるのです。
パウロは「神の召しにより与えられる望み」「聖徒たちが受け継ぐもの」「信じる者に働く神のすぐれた力」の豊かさを知るとともに、キリストにある勝利のわざと、主権の豊かさに目が開かれ、そしてそのキリストが「教会」に与えられていることの祝福に心を留めるようにと招きます。そして教会はキリストをかしらとするからだであり、恵みによって結び合わされるとともに、そこにすべてのものをすべてのもので満たす主キリストご自身が満ち満ちている場所だというのです。その恵み、教会の恵みと祝福を心の奥で受け止め、心からの感謝をささげ、主に仕えましょう。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized